Home

医師とはどのようなものか

医師ってどんな仕事?

医師とはどんな仕事をするものなのかというと、患者さんの診察をしたり治療をしたりすることが主な仕事となっています。大きな病院に勤めている人もいれば、個人で開業している人もいます。また、医師免許を持っていても病院などに勤めるのではなく、医療関係の機関で研究を進めている人もいます。そのため、一概にどんな仕事をしているのかとは言えないこともあります。

一般的な医師は病院で決められた時間に訪れた患者さんを診察し、その人に合った治療を行っていきます。投薬をしたり、手術をしたりすることがほとんどです。また、入院患者を定期的に診察することもあります。場合によっては寝たきりで病院を訪れることのできない高齢者などの自宅を訪問し、診察することもあります。

それから、診察時間以外では様々な研究を行っています。論文を書いたり、新薬の研究をしたりといったことです。そのため、常に新しい情報を取り入れ、知識を身につけるための勉強を行っています。

医師は高給取り?

職業が医師というと高給取りというイメージもみんな持ち、きっと家は豪邸で車は大きいんだろうと想像します。しかし、現実の医師の生活は高給取りとはかけ離れているのが現実です。

かつては、医師はお金持ちとか確かに高給取りでした。そのイメージが今もそのまま残っています。確かに一部の大きな開業医の中には儲かっている医師がいてそれをマスコミが大きく取り上げる事によって医師全体が高給取りというイメージに繋がっています。しかし今は医療保険制度のぐらつきによって、診療報酬が減額されてあまり儲からなくなったからです。

それどころか、医師は慢性的人手不足で過重労働強いられ休日もろくに取れず夜間や休日も急患などの呼び出しに応じなければならず医師は病院に束縛されています。確かに一般的な人よりは、少し高給ではありますがその長い労働時間を考えて時給で考えれば高給取りとは、ほど遠いといえます。

最近では、開業する資金が稼げず開業する医師も減っていますし、開業しても設備投資で儲けが出ない状況です。

医師の求人多数取扱い

医師が抱える悩み

医師が抱える悩みの1つに労働時間があります。時間と行っても長さではありません。深夜にまたがる仕事になることです。そのため、そのような労働形態が身体のバランスを崩してしまわないかが心配の材料になっているのです。

普段は患者の悩みを解決する仕事をしています。そのため、医師には悩みがないように感じるかもしれません。人の解決を主にしてきている人なので、自分の解決ごとには、キチンと対応できていると思っているかもしれません。

しかし、深夜をまたぐ労働には医師も人間なので、厳しいこともあるのです。もしも、1人1人が健康な生活を心がけていけば、その分、医療の負担が減ります。そのため、多くの医師の負担を減らしていくためにも、1人1人の心がけが必要なのです。

もしも、これから医師になろうとしているのでしたら、どのような仕事なのかということをキチンと調べることです。そして、自分でも行なっていくことができるかを確認していきましょう。